花粉症メガネを比較!【2020年】JINS、Zoffなどのうち、おすすめは?

最近、気温が上がってきて、だいぶ暖かくなってきましたね。

春を迎えるのは嬉しいですが、そろそろ本格的に飛び出す花粉が気になる方も多いのではないでしょうか。

花粉症対策グッズと言えば、マスク、点鼻薬、ティッシュなどいろいろありますが…

個人的に気になっているのは、花粉症用のメガネです。

くしゃみ、鼻水も辛いですが、目のかゆみもなかなか…

でも、メガネで予防出来るなら良いですよね。

メガネチェーン店各社からも、様々な花粉対策メガネが出ているようです。

花粉対策メガネってどんな効果があるの?

それぞれのメガネチェーンからどんなメガネが出ているの?

価格はどれくらい?

など、花粉対策メガネについて気になったことをまとめてみました。

この記事では、2020年春に売り出されている、大人用の花粉対策メガネについて、比較してみました。

※2020年版に更新しました。(2020年2月16日)

なお、調査したメガネチェーンは、

JINS、Zoff、眼鏡市場、パリミキ、メガネスーパー、メガネドラッグ

の6社です。

ちなみに…2020年の子供用の花粉対策メガネについてもまとめました。

<スポンサーリンク>



花粉対策メガネの効果

そもそも花粉対策のメガネにはどんな効果があるのでしょうか?

一番の効果はやはり、花粉の付着率を下げてくれること。

花粉症対策で真っ先に思い浮かぶマスクも、鼻と口を覆うことによって花粉の侵入を防ぐものですが、メガネもまた目を覆っていることで花粉の付着率を下げてくれます。

それなら、普通のメガネでも多少は効果があるのかな?と思いますが…

答えはYES。

メガネを全くかけない無防備な状態よりは花粉の侵入は減るという実験結果が出ています。

ですが、通常のメガネよりも、花粉対策メガネの方がより効果は高いと言えます。

一番の理由は、メガネのフレームの脇にフードと呼ばれる花粉をガードしてくれる部分があるから。

上の写真で言うと、メガネのフレームの上に透明なガードがついているのが見えるかと思います。

この部分は通常フードと呼ばれており、これがあるため、通常のメガネよりも目が守られた状態にあり、花粉が侵入しづらい構造になっています。

花粉対策メガネの選び方のポイント

花粉対策メガネの選び方には、いくつかポイントがあります。

・見た目(普通のメガネのような見た目が理想)

・値段

・レンズに曇り止め対策がなされているか

・度付きレンズに対応しているか

・花粉カット以外の機能があるか(UVカット、防塵、黄砂・PM2.5対策など)

・かけ心地はどうか

以上のことを踏まえつつ、各社の花粉対策メガネを見ていってみましょう。

JINSの花粉対策メガネ

リーズナブルなお値段でおしゃれなメガネを多数取り揃えているイメージのJINS

JINS・HP

JINSの花粉対策メガネは、大人用が4タイプ出ています。

さらに、それぞれのタイプごとに数種類の色のラインナップがあります。

詳しくはHPをご覧ください。

【花粉対策メガネ】JINS花粉CUT(花粉対策メガネ)-花粉を最大98%カット

JINSの特徴

JINSがHPの中で謳っている、花粉対策メガネの特徴は4つ。

①花粉カット率最大98%

②レンズが曇り止め仕様(度付きに変更しない場合は標準装備)

③耳元、鼻元の調整が出来る、フィット感がある。

④普通のメガネのような見た目

この4つの特徴は、花粉対策メガネ全てに標準装備として入っています。

①の花粉カット率の高さもさることながら、②曇り止め仕様になっている点や④普通のメガネと変わらない見ためというのは大事なポイントですよね。

さらに、

花粉だけでなく、粉塵、黄砂、PM2.5にも対応できる

Vカット機能もついたレンズである

というのもJINSの花粉対策メガネ、全てのタイプに共通する特徴です。

あとは、その標準機能にプラスして、どのような特徴に特化したものが良いかで、メガネを選べばOKという訳です。

(出展:https://www.jins.com/jp/kafun/ JINSのHPより)

大人用の花粉対策メガネは、3タイプ。

うるおいをキープできるMOIST

日常的にメガネをかけている人向けのBASIC

普通のメガネのようなシルエットのSLIM

なお、MOISTとBASICは度付レンズへ変更が可能です。

MOISTは、フレームにウォーターポケットがついているのが大きな特徴。

(出展:https://www.jins.com/jp/kafun/ JINSのHPより)

このウォーターポケットを湿らすことで、目元のうるおいを保つ構造です。

また、SLIMは、他の2タイプよりもフード部分(花粉カットのためのガード部分)が目立ちにくいデザインになっているのも特徴的です。

<SLIM>

(出展:https://www.jins.com/jp/kafun/ JINSのHPより)

<BASICのSQOUARE>

※BASICには、SQOUAREとWELLINGTONの2タイプのフレームがあります。

(出展:https://www.jins.com/jp/kafun/ JINSのHPより)

SLIMの方が花粉ガード部分が小さいというのが写真からわかると思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【JINS 花粉Cut BASIC】-JINS(ジンズ)
価格:5400円(税込、送料無料) (2019/2/14時点)

楽天で購入

なお、度付きレンズに変えることが出来るのは、MOISTとBASICのみとなっておりますので、ご注意下さい。

値段

MOIST、SLIM、BASICともに、5,000円(税抜)です。

ただし、BASICとMOISTを度付きレンズに変更する場合は、別途料金がかかります。

+2,000円(税抜)で度付きの通常クリアレンズ

+7,000円(税抜)でくもり止めレンズ(度つき)

へ変更出来ます。

Zoffの花粉対策メガネ

ファッショナブルなメガネからキャラクターもののメガネまで、幅広いラインナップを揃えているイメージの強いZoff

Zoff・HP

Zoffから出ている大人用の花粉対策メガネは、大きく分けると2種類

フードがメガネと一体になっているAIR VISORと、フードが着脱出来るZoff +PROTECTの2種類です。

さらに、それぞれのシリーズごとに、数種類ずつフレームがあります。

詳しくはHPをご覧ください。

花粉対策メガネ |メガネのZoff オンラインストア

Zoffの特徴

Zoffの場合は、2種類の花粉対策メガネで特徴が異なる部分が多いので、それぞれ説明します。

AIR VISORの特徴

AIR VISORの特徴を挙げると、以下の4つです。

(出展:https://www.zoff.co.jp/shop/contents/kafun.aspx ZoffのHPより)

特に大きなポイントとなるのは、

・くもり止めレンズを搭載していること

・自分で調整出来ること

などでしょうか。

そしいて、花粉カット率は最大で95%です。

また、種類も豊富で、ディズニーモデルがあるのも大きな特徴です。

(例年、ディズニーモデルがあるのは、Zoffだけです)

ちなみに、このAIR VISORは、標準装備では度なしレンズです。

ただし、追加料金+3,000円(税抜)度付きレンズにすることも出来ます。

(度付き標準レンズ+くもり止め加工)

Zoff +PROTECTの特徴

Zoff +PROTECTの特徴を挙げると、以下の3つです。

(出展:https://www.zoff.co.jp/shop/contents/zoffprotect.aspx ZoffのHPより)

一番の特徴としては、

着脱型フードがついていて、はずせば普通のメガネとして使用することが出来る

というところではないでしょうか。

花粉の時期以外でも使うことが出来るのは嬉しいですよね。

あとは、

黄砂、粉塵、風除けも可能

曇りにくい仕様のレンズに変更も可能(追加料金+3,000円が必要)

・オプションでPCメガネに変更することも出来る

また、Zoff +PROTECTは、AIR VISORと違って、

標準装備で、度なしレンズか度付きレンズか選ぶことが出来ます。

値段

AIR VISORは、3,000円(税抜)

Zoff PROTECTは、7,000円(税込)

です。

AIR VISORは、+3,000円~(税抜)で度付きレンズに変更出来ます。

Zoff PROTECTは、追加料金等なしで、度付き・度なしレンズを選ぶことが出来ます。

ただし、AIR VISORは標準装備で曇り止めレンズなのに対し、Zoff PROTECTは曇り止めレンズに変えることも出来ますが、追加料金が+3,000円~(税抜)かかります。

Zoffの場合、レンズ変更の追加料金は定額ではなく、+3,000円~(税抜)となっており、レンズの度や仕様によってもいくら増額になるのかは変わるので注意が必要です。

眼鏡市場の花粉対策メガネ

洗練されたデザインと高い機能性を持つメガネが多いイメージの眼鏡市場

眼鏡市場HP

眼鏡市場は、2018年は花粉対策メガネを取り扱っていたものの、2019年はそういったものはなく…

2020年はどうかな?と思っていたのですが、

今年はまた花粉対策メガネを販売しているようです。

その名も、花粉プロテクト

スクエアモデルとオーバルモデルの2種類があり、さらにそれぞれ2種類色があります。

詳しくはHPをご覧下さい。

花粉プロテクト|眼鏡市場

(出展:https://www.meganeichiba.jp/brand/eyesaver/ 眼鏡市場のHPより

眼鏡市場の特徴

眼鏡市場の花粉対策メガネの特徴は、以下のようなものです。

①花粉カット率最大98.8%

②UV99%カット

③普通の眼鏡のような見た目

④マスクをしても曇りにくい仕様(フードが顔に密着&防曇レンズ)

⑤ソフトフード使用で顔に当たっても痛くない

⑥水洗いOK(さびにくいパーツを使用)

マスクだと曇って困る、花粉が付着してしまうので困る…など、

いろいろな困りごとを解決するような仕様となっています。

また、標準装備で防曇レンズなのも嬉しいですよね。

ただし、度付きは標準ではなく、別途料金がかかります。(+税抜3,000円)

値段

上にある写真を見ると、値段は4,730円(税込)のようですが…

オンラインショップを確認すると、大人用の場合、

3,850円~(税込)

となっています。(税抜だと3,500円です)

そして、これを

度付きレンズに変更する場合、+税込3,300円(税抜きだと3,000円)

カラーレンズに変更する場合、+税込6,600円(税抜きだと6,000円)

かかります。

度付きやカラーにしても追加料金が定額なのが嬉しいですよね。

ただし、度付きレンズにすると、曇り止め機能はなくなるので、

その点は注意が必要です。

<スポンサーリンク>



パリミキの花粉対策メガネ

老舗の高級眼鏡店というイメージがあるパリミキ

パリミキ・HP

パリミキも眼鏡市場と同様、

2018年は花粉カットメガネの取り扱いがあったものの、2019年はなくなり…という状況だったのですが、

2020年はまた花粉対策メガネを販売しています。

その名も、花粉グラス

詳しくはHPもご覧下さい。

花粉メガネ|パリミキ・メガネの三城

パリミキの特徴

(出展:https://www.paris-miki.co.jp/feature/20191226181140.html パリミキのHPより)

パリミキの花粉対策メガネの特徴は、以下のようなものです。

①花粉カット率最大97%

②普通の眼鏡のような見た目

③軽量で弾力性のあるポリアミド素材を使用

④黄砂、PM2.5などにも対応

度付きレンズは標準装備でなく、また、種類によって変更出来るものでと出来ないものがあります。

(具体的には、KG-7001は、度付きにもくもり止めレンズにも変更出来ません)

値段

<度付き&くもり止めレンズに変更可能なメガネ(KF-013、KF-014、KF-015)>

2,700円(税抜)

<度付き&くもり止めレンズに変更出来ないメガネ(KG-7001)>

1,500円(税別)

ただし、これはフレーム代であり、別途レンズ代がかかります。

現在キャンペーンを実施中で、度付きくもり止めレンズ代が5,000円(税抜)

となっています。

(出展:https://www.paris-miki.co.jp/feature/20191226181140.html パリミキのHPより)

2020年3月31日までの限定です。

つまり、今なら、2,700円+5,000円=7,700円(税抜)で、

度付きでくもり止めレンズ使用の花粉対策メガネを作れるということです。

実はこのあたりの値段のことはHPを見てもよくわからなかったのですが、

(くもり止めレンズは全てのレンズに入ってるって書いてあったり、度付きのことには触れずくもり止めレンズ=+5,000円って書いてあったりする…)

店舗に電話して聞いたので、ここに書いた情報で合っていると思われます。

<スポンサーリンク>



メガネスーパーの花粉対策メガネ

昔からあり、CMなどでなじみのある眼鏡店というイメージのある、メガネスーパー

メガネスーパーHP

メガネスーパーのHPを見ると、このような表記があり、

(出展:https://www.meganesuper.co.jp/frame/kafun-blocker-2/ メガネスーパーHPより)

花粉ブロッカー花粉ブロッカーPremiumの2種類があって、

花粉ブロッカーPremiumはより花粉カット力が高いのかな?と思ったのですが、

どうやら花粉ブロッカー1種類しかないようです。

(サイズやフレームの色などは数種類ありますが…)

花粉ブロッカーPremiumは昨年2019年から登場したものなのですが、

今年はないようで、ちょっと残念…と思ったのですが、

オンラインストアをよく見ると、

アイテクトグラスという新しいタイプの花粉対策メガネもあるようです。

(詳細は特徴のところでご説明します)

(出展:https://www.meganesuper.net/shop/花粉症・PM2%ef%bc%8e5対策メガネ通販%ef%bc%88度付き対応%ef%bc%89%e3%80%80%ef%bd%9c%e3%80%80メガネスーパー公式通販/c/c3130/ メガネスーパーのオンラインストアより)

詳しくはHPとオンラインストアをご覧ください。

花粉ブロッカー(花粉・黄砂・pm2.5対策メガネ|メガネスーパー

花粉症・PM2.5対策メガネ|メガネスーパー公式通販

メガネスーパーの特徴

花粉ブロッカーとアイテクトグラス、それぞれの特徴を説明したいと思います。

花粉ブロッカーの特徴

花粉ブロッカーの特徴は以下のようなものです。

①花粉カット率が最大98.5%

②防曇コートを施したレンズ(度なしレンズの場合は標準装備)

③調整可能で、顔にフィットしやすい

④黄砂やPM2.5対策にも有効

標準装備でくもりにいレンズなのは嬉しいですね。

また、度付きに変更も可能です。(別途料金は必要)

アイテクトグラスの特徴

アイテクトグラスには、

オーバーグラスタイプ・・・メガネの上からかけられる

フィットタイプ・・・テンプルが調節可能で、丸洗いも出来る

PC用レンズが入っているもの・・・花粉&ブルーライトの両方からガード出来る

などといった種類があります。

アイテクトグラスは度付きに出来るというような表記がないため、

度付きにはできないようです。

値段

メガネスーパーの花粉ブロッカーの値段は、オンラインストアによると、

4,600円(税抜)

となっています。

(ただし、WEB通販価格となっているので、店舗の価格は違う可能性もあるので、ご了承下さい。)

度付きにする場合は、+7,000円(税抜)

度付き+防曇コートのレンズにする場合は、+10,000円(税抜)

かかります。

(わかりやすいところに明記されていませんが、オンラインストアで購入する画面ま

で進むと表示されます)

花粉ブロッカーは度付きにすると、結構高くなる印象ですね。

アイテクトグラスは、種類により、

2,000円 or 3,000円(税抜)

です。

<スポンサーリンク>



メガネドラッグの花粉対策メガネ

「メンメンメガネの良いメガネ♪」のCMで昔からおなじみのメガネドラッグ

メガネドラッグHP

メガネドラッグについては、例年花粉対策メガネを販売しているのですが…

(少なくとも2018年、2019年はあり)

2020年はないようでした。

眼鏡市場やパリミキのように、また来年は復活するかもしれないですが。

花粉対策メガネ・各社の比較

以上、各社の花粉対策メガネについて書いてみました。

まとめると、このような形になります。

花粉カット率 曇り止め対策 UVカット機能 度付きレンズ対応 値段(税抜) その他
JINS 98% 標準装備(度付き除く) 標準装備 一部対応 5,000円~ 保湿機能付きタイプもあり
黄砂、粉塵、PM2.5にも対応
Zoff 95%(※1) 一部は標準装備(度付き除く) なし 一部対応 3,000円~ 着脱可能なフードがついているタイプもある
フレームの種類が豊富
ディズニーモデルもある
眼鏡市場 98.8% 標準装備(度付き除く) 標準装備(99%カット) 対応 3,500円~ 特になし
パリミキ 97% 別料金(かつ、一部非対応) あり 一部対応 1,500円~

(※2)

黄砂、PM2.5などにも対応
メガネスーパー 98.5% 標準装備(度付き除く) なし 対応 2,000円~ 高性能な花粉ブロッカーと、
そこまで性能が高くないアイテクトグラスの2種類
メガネドラッグ 2019年は取り扱いなし

※1)AIR VISORの場合。Zoff +PROTECTについては記載なし。

※2)他社と異なりフレーム代の値段だけしか明記していないので、注意が必要。

各社の特徴

【JINS】

・保湿機能付きタイプがある(MOIST)

・度付きレンズに対応しているのは3タイプ中2タイプのみ。

度つきレンズ、度付き&曇り止めレンズは、追加料金がかかるが定額

【Zoff】

・追加料金なしで、度つきレンズを選ぶことが出来るタイプもある(Zoff +PROTECT)

・もう1つのタイプも、追加料金を払えば度つきレンズに変更可能(定額ではない。)

・ディズニーモデルがある

・着脱出来るフードがついているタイプがある

【眼鏡市場】

・標準装備で、曇り止めレンズ。

・度付き&曇り止めのレンズにするためには追加料金が必要だが、定額。

【パリミキ】

・フレーム代だけの値段しか書かれていないので、注意が必要。

・度付きくもり止めレンズ特別価格キャンペーンを行っている。(2020年3月31日まで)

メガネスーパー】

・特にこれといった特徴はない…

花粉対策メガネのおすすめは…

花粉対策メガネについて調べてみましたが、それぞれ一長一短あるなーというのが正直なところです。

ただ、度付きレンズにするかしないかによって、大きく変わるなという風に思いました。

以上を踏まえて、私個人のオススメは…

度付きレンズにする人は、Zoff!(追加料金なしで作れる)

ディズニー好きな人は、Zoff!

保湿が気になるなら、JINS!

といった感じでしょうか?

正直、今年は2強のJINSZoffかな?という感じです。

例年はメガネスーパーやメガネドラッグも特色のあるメガネを出していて、選び甲斐ある感じだったのですが…

まとめ

以上、花粉対策メガネの特徴や値段について比較してみました。

機能性の高そうなメガネが多かったですが、あとは実際にかけてみて快適か?というのも大事になってくるのではないかとも思いました。

オンラインで購入出来るメガネチェーンもありますが、個人的には店舗に行って一度試してから決めるのが良いのではないかと思います。

花粉対策メガネを購入する方の参考になれば幸いです。

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする