子供用の花粉症メガネを比較!JINS、Zoffなど6社のうち、おすすめは?

徐々に暖かくなってきて、花粉症の季節がやってきました。

マスク、点鼻薬、ティッシュなどと並ぶ、花粉症対策グッズと言えば、花粉対策メガネ。

前回、大人用の花粉対策メガネについてまとめた記事を書きましたが…

花粉症メガネを比較!JINS、Zoffなど6社のうち、おすすめは?

今回は、子供用の花粉対策メガネについて、まとめてみたいと思います。

2019年春にメガネチェーン店各社が販売している子供用の花粉対策メガネについて、

・それぞれのメガネチェーン店に、どのような子供用花粉対策メガネがあるか?

・価格はどれくらい?

などといったことについて、まとめました。

※2019年版に更新しました!

なお、調査したメガネチェーンは、

JINS、Zoff、眼鏡市場、パリミキ、メガネスーパー、メガネドラッグ

の6社です。

<スポンサーリンク>



子供用の花粉対策メガネの選び方のポイント

花粉対策メガネの選び方には、いくつかポイントがあります。

・見た目(普通のメガネのような見た目が理想)

・値段

・レンズに曇り止め対策がなされているか

・度付きレンズに対応しているか

・花粉カット以外の機能があるか(UVカット、防塵、黄砂・PM2.5対策など)

・かけ心地はどうか

さらに、子供用の場合は、

・動き回っても安心か(壊れにくい設計、ぶつかっても安心の設計)

・子供がかけたくなるデザインか

といったポイントも場合によっては大事になると思います。

以上のことを踏まえつつ、各社の子供用の花粉対策メガネを見ていってみましょう。

JINSの子供用の花粉対策メガネ

リーズナブルなお値段でおしゃれなメガネを多数取り揃えているイメージのJINS

JINS・HP

JINSの子供用花粉対策メガネは、2タイプ。

小学校低学年~中学年向け(6~10才)のKIDS SIZE(キッズサイズ)と、小学校中学年~高学生向け(10~12才)のJUNIOR SIZE(ジュニアサイズ)の2タイプです。

さらに、それぞれのタイプごとに数種類の色のラインナップがあります。

詳しくはHPをご覧ください。

【花粉対策メガネ】JINS 花粉CUT(花粉対策メガネ)-花粉を最大98%カット

JINSの特徴

JINSの特徴は

①花粉カット率最大98%

②レンズが曇り止め+UVカット仕様(度付きに変更しない場合は標準装備)

③耳元、鼻元の調整が出来る、フィット感がある。

④普通のメガネのような見た目

⑤花粉だけでなく、粉塵、黄砂、PM2.5にも対応

着脱可能なラバーガード付きフードで動き回っても安心。

といったところです。

①~⑤は大人用と同じですが、⑥は子供用ならではの特徴です。

花粉対策メガネには、花粉の侵入を防ぐために、フレーム上部や側面などににフードと呼ばれる部分があります。

下の写真は、JINSの大人用の花粉対策メガネですが、丸で囲んだところがフードです。

(出展:https://www.jins.com/jp/kafun/ JINS・HPより)

子供用の花粉対策メガネの場合、このフードにさらにラバーがついており、動き回った際などにより安全性が高い仕様となっています。

(出展:https://www.jins.com/jp/kafun/JINS・HPより)

ちなみに、このラバーは取り外すことも可能。

ラバーがある分目立ちますが、気になるようであれば取り外すことが出来るのは良いなと思います。

また、度付きレンズに変更することも出来ます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【JINS 花粉Cut KIDS】-JINS(ジンズ)
価格:3240円(税込、送料無料) (2019/3/3時点)

楽天で購入

値段

JINSの花粉対策メガネは、キッズサイズ、ジュニアサイズともに、3,240円(税込)です。

度付きレンズに変える場合は、+7,560円(税込)がかかります。

(曇り止め機能付きのレンズです。)

Zoffの子供用の花粉対策メガネ

ファッショナブルなメガネからキャラクターもののメガネまで、幅広いラインナップを揃えているイメージの強いZoff

Zoff・HP

ZOffの子供用花粉対策メガネは、1タイプ。

フードがメガネと一体になっているAIR VISORです。

さらに、複数種類のフレームがあり、ディズニーフレームもあります。

なお、Zoffの場合、子供用に特別な規格のメガネがある訳ではなくて、大人と同じ規格のメガネで小さいサイズ(Sサイズ、XSサイズ)で対応しているといった形になっています。

詳しくはHPをご覧ください。

花粉対策メガネ|メガネのZoff オンラインストア

Zoffの特徴

Zoffの特徴は、

①花粉カット率最大95%

レンズが曇りにくい仕様(標準装備)

③種類豊富で、ディズニーモデルもある。

普通のメガネのような見た目

といった感じです。

昨年は子ども専用の規格の花粉対策メガネがあり、動き回っても安心な設計のものとなっていたのですが、2019年はありません。

上にも書きましたが、子供向けのものとしては、Sサイズ、XSサイズがある、といった形です。

XSサイズは2019年から新発売されており、小学校低学年くらいのお子さん向けのサイズです。

特別な仕様にはなっていませんが、フロントの内側にはラバーを装着し、少々動いてもずれにくい、フィット感のある仕様にはなっています。

値段

値段は、3,240円(税込)です。

ただし、度付きレンズに変更する場合は、+3,240円~かかります。

追加料金は定額ではなく、3,240円~、レンズの仕様や度などによっても変わるのでご注意下さい。

眼鏡市場の子供用の花粉対策メガネ

洗練されたデザインと高い機能性を持つメガネが多いイメージの眼鏡市場

眼鏡市場HP

眼鏡市場は、2108年は花粉対策眼鏡を発売していましたが…

2019年はそういった商品は取り扱っていないようです。(大人用・子供用ともに)

ただ、花粉やほこりが付着しても取り除きやすいレンズというのはあるようです。

気になる方はこちらからどうぞ。

花粉やほこり、レンズのくもりなどのストレスを解消!おすすめ高機能レンズ

<スポンサーリンク>



パリミキの子供用の花粉対策メガネ

老舗の高級眼鏡店というイメージがあるパリミキ

パリミキ・HP

パリミキも眼鏡市場同様、2108年は花粉対策眼鏡を発売していましたが、2019年は取り扱いがないようです。メガネ(大人用、子供用ともに)

実は2019年1月にHPを見た時はあったのですが…HPの情報が古かったのか、なくなったようです。

メガネ選びの選択肢がまた1つ減ってしまったようで、ちょっと残念です。

メガネスーパーの花粉対策メガネ

昔からあり、CMなどでなじみのある眼鏡店というイメージのある、メガネスーパー

メガネスーパーHP

メガネスーパーの子供用の花粉対策メガネは2タイプ。

それぞれに色のラインナップが数種類あります。

なお、子供用に特別な規格のメガネがあるという訳ではなく、大人用と同じ規格でサイズが小さいものがあるという形となっています。

詳しくはHPをご覧ください。

花粉ブロッカー(花粉・黄砂・PM2.5対策メガネ)|メガネスーパー

(出展:https://www.meganesuper.co.jp/frame/kafun-blocker-2/#lineup メガネスーパーHPより)

メガネスーパーの特徴

メガネスーパーの場合も、2種類の花粉対策メガネで特徴が異なる部分が多いので、それぞれ説明します。

花粉ブロッカーの特徴

①花粉カット率が最大98.5%

②防曇コートを施したレンズ(度なしレンズの場合は標準装備)

③調整可能で、顔にフィットしやすい

花粉ブロッカーPremiumの特徴

①花粉カット率が最大99.1%

②防曇コートを施したレンズ(度なしレンズの場合は標準装備)

③調整可能で、顔にフィットしやすい(鼻パッドとテンプル部分の調節も可)

④フードが大型化し、密閉度が高い

⑤フードが着脱可能

特に注目すべきは、①④⑤ですね。

花粉カット率は他社と比べてもかなり高いです。

屋外で過ごす機会が多い子などにとっては大きなポイントではないかなと思います。

また、フードが着脱可能なので、遊んだりスポーツをする時はフードを付けて、勉強する時はフードをはずして、など使い分けることが出来るのも良いと思います。。

(出展:https://www.meganesuper.co.jp/frame/kafun-blocker-2/#lineup メガネスーパーHPより)

また、2つのタイプに共通する特徴ではありますが、花粉以外にも、黄砂やPM2.5対策にも有効だそうです。

値段

値段は、税込2,052円です。

度付き対応レンズにする場合は、別途税込9,180円かかります。

メガネドラッグの花粉対策メガネ

「メンメンメガネの良いメガネ♪」のCMで昔からおなじみのメガネドラッグ

メガネドラッグHP

このキャラのイメージも強いですよね。

ももちゃんというらしいです。

(出展:https://www.meganedrug.com/room/ メガネスーパーHPより)

メガネドラッグの子供用の花粉対策メガネは、アイキュアという名称で、花粉やほこりなどの外部刺激から目を守るとともに、UVカット機能も備えているので、紫外線からも守ってくれます。

1タイプで、カラーは4種類

詳しくはHPをご覧ください。

アイケアグラス 花粉・チリ・ほこりをシャットダウン|メガネドラッグ

メガネドラッグの特徴

メガネドラッグの場合、花粉カット率や素材などについての記載はHP上にありませんでした。

子供用の花粉対策メガネの特徴としては、クッションサイドガードとノーズパッドがついていること。

どちらも取り外しが可能で、クッションサイドガードは洗うことも出来ます。

(出展:www.meganedrug.com/products/pollen/index.html

メガネドラッグHPより)

顔に直接触れる部分なので、洗うことが出来るのは良いですよね。

また、度付きレンズにも対応しています。

値段

値段は、税込3,024円です。

度付きレンズに変更する場合の値段についてはHP上に記載はありませんでした。

店舗に確認したところ、度数やどんなレンズを選ぶかによっても変わってくるとのことでした。

標準レンズの場合だと、+12,000円ほどはかかると思われる、との回答でした。

子供用の花粉対策メガネ・各社の比較

以上、各社の子供用の花粉対策メガネについて書いてみました。

まとめると、このような形になります。

花粉カット率 曇り止め対策 UVカット機能 度付きレンズ対応 値段(税込) その他
JINS 98% 標準装備(度付き除く) 標準装備 対応 3,240円~ 黄砂、粉塵、PM2.5にも対応
Zoff 95% 標準装備(度付き除く) なし 対応 3,240円~ ディズニーモデルもあり
メガネスーパー 98.5%、99.1% 標準装備(度付き除く) なし 対応 2,052円~ 黄砂、PM2.5にも対応
メガネドラッグ 記載なし 不明 標準装備 対応 3,024円~ クッションサイドガードやノーズパッドを
取り外せる
眼鏡市場 2019年は取り扱いなし
パリミキ 2019年は取り扱いなし

2018年までは子供用の花粉対策メガネは大人用とは別に作っている会社が多かったですが、2019年は小さいサイズも作る、という形で子供向けに対応している会社が多いなという印象です。

子供用として特殊な仕様となっているものを出しているのは、JINSとメガネドラッグのみです。

各社の特徴

【JINS】

・度つきレンズに変える際の追加料金は定額

・黄砂や粉塵、PM2.5対策にも有効

【Zoff】

・ディズニーモデルがある

・度付きレンズに変えるの際の追加料金は定額ではない

【メガネスーパー】

・度付きレンズに変える際の追加料金は定額

・花粉以外にも、黄砂やPM2.5対策にも有効

・比較的安い

【メガネドラッグ】

・度付き対応だが値段は度数などにより異なる。

・クッションサイドガードやノーズパッドを取り外せる

子供用の花粉症対策メガネのおすすめは…

花粉対策メガネについて調べてみましたが、各社それぞれ一長一短あるなーというのが正直なところです。

ただ、度付きレンズにするかしないかによって、大きく変わるなという風に思いました。

以上を踏まえて、私のおすすめは、

度付きレンズにする人は、JINS!(度付きレンズに変えても料金が定額+料金が安いため。)

ディズニー好きな人は、Zoff!

花粉カット率が高いものが良い人は、メガネスーパー!

度付きでなくて良くて、かつ安く済ませたい人は、メガネスーパー!

パーツを洗いたい人はメガネドラッグ!

といった感じではないかなと思います。

まとめ

以上、花粉対策メガネの特徴や値段について比較してみました。

機能性の高そうなメガネが多かったですが、あとは実際にかけてみて快適か?というのも大事になってくるのではないかとも思いました。

オンラインで購入出来るメガネチェーンもありますが、個人的には店舗に行って一度試してから決めるのが良いのではないかと思います。

花粉対策メガネを購入する方の参考になれば幸いです。

<スポンサーリンク>


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする