まんパク2018(立川)人気メニューは?混雑少ない&割引使える夜がおすすめ。

日本最大級のフードフェス、まんパク

2011年から毎年恒例で行われてきたまんパクですが、2018年も開催されています。

まんパクHP

まんパクは、日本各地のいろいろなお店の美味しいものを、広くて緑あふれる公園の中で食べられるという夢のようなイベント。

私も何回か行ったことがありますが、かなり大好きなイベントの1つ。

そこで、今回のテーマは、まんパク2018について。

5月21日(月)の夜に実際行ってきたので、その感想を書きつつ、人気メニュー、混雑状況、割引クーポンなどについてもレポートしました。

また、開催期間、アクセス、入場料などの情報についてもまとめてあります。

どうぞ~

<スポンサーリンク>



そもそも、まんパクってどんなイベント?

まんパクは、「満腹博覧会」の略称です。

音楽フェスの飲食エリアで名物化している「フェス飯」や、全国の物産展やイベントで話題のお店などが集結して出店するフードフェスです。

2011年に東京有明にある東京臨海広域防災公園で行われたのを皮切りに、以後2012年からは東京都立川市にある昭和記念公園で、毎年開催されています。

(2013年からは大阪でも、毎年10月に開催されています。)

まんパクには、肉、海鮮、野菜、ラーメン、餃子、揚げ物、アジアン、スイーツなど様々なジャンルのお店が出店します。

その他にも、日本各地の特産品が売られているブース、遊具や縁日などで子どもが楽しめるブースなどもあります。

また、歌手やお笑い芸人のパフォーマンや大道芸などを楽しむことが出来るステージもあります。

フードフェスではありますが、美味しいものを食べる以外にも楽しみはいっぱい。

家族で行っても、カップルで行っても、友達と行っても、1日楽しめるイベントとなっています。

昭和記念公園という公園が会場となっているため、初夏のさわやかな風をあびながらピクニック気分で美味しいものを食べられるのも、ポイント。

また、夜まで開催されており、ビールをはじめとしてアルコール飲料も充実しているので、を夜はビアガーデンのように楽しむこともで来ます。

まんパク2018に行ってきた!感想

2018年5月21日(月)に、まんパク2018に行ってきました。

会場入りしたのは18時半くらい。

帰ろうとする人などもいましたが、これから入場しようという人もそこそこいました。

…と言ってもチケット売り場に並ぶほどではありませんが。

こんな雰囲気です。

結構人はいっぱいいる感じですが、そんなに混雑はしていない…?

…と思いきや、お店によっては行列もあるなという感じでした。

かなりいろんなお店があるので、どうしようかな~をマップを見つつ…

パンフレットももらえるので、それも見つつ…

実際、私が食べたのは…

①王府井の焼き小籠包(4個入り600円)

楽観のオリーブオイルと帆立だしの炙りチャーシュー塩ラーメン (1,000円)

③十勝牛とろ丼の牛とろ丼(880円)

④熟成牛 夢は正夢 の 熟成牛ハラミステーキ (甘辛ダレ)  (1,000円)

⑤韓国旨辛食堂のチーズタッカルビ(800円)

⑥BOOKSHELF CAFE の ロールアップフレンチトースト(350円)

こんな感じです。

2人で行ってシェアして食べたのですが、結構いろんな種類食べましたね。

特に、焼き小籠包牛とろ丼が美味しかったです。

肉汁たっぷりの焼き小籠包♪

焼き小籠包は10分くらい、牛とろ丼は20分くらい並びましたが、食べて良かった!

ちなみに、その他のお店は特に並ばずに買うことが出来ました。

まんパクの人気メニュー&人気のお店はどこ?

折角行ってきたので、どんなメニューが人気だったか、どこのお店に行列が出来ていたか、レポートしてみたいと思います。

まんパクでは、

肉・・・11店舗
海鮮・・・7店舗
野菜・・・3店舗
ラーメン・・・6店舗
餃子・・・4店舗
揚げもの・・・5店舗
チーズ・・・5店舗
スイーツ・・・9店舗
たまエリア(多摩地区のお店)・・・8店舗
物産・・・2店舗
ドリンク・・・3店舗

の合計63店舗の出店がありました。

その中で、特に人気があったなーというお店を挙げてみると…

肉・・・十勝牛トロ丼、熟成牛 夢は正夢

海鮮・・・まぐろや黒銀、大洗 カニ専門店かじま

ラーメン・・・楽観

餃子・・・王府井、夏目家

揚げ物・・・100時間カレーパン

チーズ・・・北海道中標津しいたけ「想いの茸」、Pizza Bakka

スイーツ・・・リトルジュースバー

といった感じです。

特にアンダーラインをひいた3店舗は行列していましたね。

(出展:manpaku.jp/201805/shoplist/  まんパクHPより)

牛とろ丼と焼き小籠包としいたけのチーズ焼きは、超人気メニューでした。

ただ、行列していたと言っても、昼間に比べればたいしたことないとは思います。

ちなみに、会場入ってすぐのところに、人気グルメランキングが貼り出されていました。

まんパクでは来場者に投票用紙を渡し、毎日人気投票を行っています。

その人気投票の、前日の結果が貼り出されているんですね。

また、各店舗の看板のところにも、前日の順位が貼ってあります。(上位20位まで)

上では、私が行った日の様子から人気のお店、メニューをご紹介しましたが、人気ランキングは結構変動するみたいです。

一緒に行った人が、実は2018年のまんパクに行くのが2回目だったのですが、数日前に行った時とはランキングが全然違う!と言っていたので。

ですので、実際行く方は、前日のランキングもチェックして頂ければと思います。

混雑を避けてまんパクを楽しみたいなら…夜がおすすめ!

まんパクの混雑状況についてです。

私は今回初めて平日の夜に行きましたが、過去に開催された際は、土日の昼と土日の夜にも行ったことがあります。

また、5月21日に私と一緒に行った人は、平日の昼のまんパクにも行ったことがあるそうなので、混雑具合について聞いてみました。

以上の情報を踏まえて、思ったことですが…

混雑を避けたいなら、断然、夜に行くのがおすすめです!

混雑状況は、

土日の昼>>>>平日の昼>土日の夜>平日の夜

といったところだと思います。

一番混雑しているのは土日の昼ですが、同じ土日であっても夜は比較的空いているのです。

それでも土曜日の夜は翌日も休みの人が多いし、わりと混んでるのでは?と思うかもしれませんが、そうでもありません。

また、金曜日の夜も、翌日休みだからわりと混んでる?と思いきや、そこまで混雑していない、金曜日以外の平日の夜とたいして変わらない、ということです。(一緒に行った人の話)

ちなみに、土日の昼間は、人気店では1時間くらい待つこともあります。

それが同じお店でも、夜だと20~30分くらいだったりするんですよね。

ただし、夜になると、人気店の人気メニューは売り切れになる場合もあるので、注意が必要です。

特にスイーツ系のメニューで売り切れがあるので、その点だけご注意下さい。

さらに、夜は割引クーポンももらえてお得!

さらに、夜にまんパクに行くと、お得なポイントがもう1つ。

それは、夜トククーポンという割引クーポンがもらえること!

1人1枚、こんなクーポンがもらえます。

なんと50円引き!

肉&野菜で1枚、餃子&揚げ物で1枚などという制約はありますが、これは嬉しいですよね。

私たちは2人で行って1枚ずつ貰いましたが、使いきれずに余ったくらいでした。

この夜トククーポンは、17時以降に来場するともらえます。

それを踏まえて考えると、17時か18時くらいに行くのが良いかもしれないと思います。

ちなみに、私はそれより遅い18時半に行きましたが、それでも時間的には十分楽しむことが出来ました。

まんパク2018立川の開催期間

<開催期間>

2018年5月17日(木)~6月4日(月)

10:30~21:00(販売終了)

※ただし、最終日6月4日のみ、18:00まで

<場所>

国営昭和記念公園 みどりの文化ゾーン

(東京都立川市緑町3173)

まんパク2018立川のアクセス

<電車の場合>

・JR中央線・青梅線・南武線 立川駅北口より徒歩10分

・多摩モノレール 立川北駅より徒歩8分

※昭和記念公園にはいくつか入場口がありますが、まんパク会場である「みどりの文化ゾーン」へは「あけぼの口」が一番近く、「あけぼの口」から入るとすぐです。

立川駅からまんパクの入り口までのルートは、HPに詳しく載っているので、こちらをご参照下さい。

会場までの歩き方(まんパク2017HPより)

<車の場合>

中央自動車道、国立府中インターチェンジから8km。

国立府中インターチェンジ下車後、国道20号線を立川方面へ進み、日野橋交差点を右折。

※駐車場は昭和記念公園の来園者用駐車場。駐車場の営業時間は平日9;30~17:00、土曜日・日曜日は9:30~18:00。まんパク開催時間の方が長いので注意が必要です。

<スポンサーリンク>



まんパク2018の入場料・チケット購入方法

まんパクのチケットは主に2種類あります。

・まんパク入場券(まんパクのみ入場できる券)

・まんパク&昭和記念公園セット券(まんパク+昭和記念公園の有料ゾーンに入れる券)

まんパクは、昭和記念公園の中の無料開放ゾーンを使って行われています。

まんパクにだけ行きたい人は、まんパク入場券。

まんパクに来たついでに昭和記念公園の中も見たい!という人は、まんパク&昭和記念公園セット券を購入すれば良いということになります。

入場料(前売券・当日券)

それぞれの入場券の料金は、以下の通りです。

なお、中学生以下は無料となっています。

前売券

(出展:manpaku.jp/201805/ticket/

まんパク2018HPより)

当日券

(出展:manpaku.jp/201805/ticket/

まんパク2018HPより)

チケット購入方法(前売券・当日券)

【前売券の購入方法】

前売り券は、セブンイレブンのみで購入出来ます。(マルチコピー機使用)

期限は、まんパク開催前日の5月16日(水)までとなっています。

【当日券の購入方法】

当日券は、

・当日の10:30以降に、会場入口横の入場券売り場で購入する

・セブンイレブンのマルチコピー機で購入する

のどちかとなります。

※当日は入場するだけでも行列になることが多いため、当日券を買う場合でも、セブンイレブンで購入してから会場入りするのがオススメです。

チケットの購入方法に関する詳しい情報については、こちらもご確認下さい。

入場券(チケット)|まんパク2018

まとめ

以上、まんパク立川2018についてでした。

実際に行ってみた感想についてもいろいろ書きましたが…

楽しかったし、美味しかった! 行って良かった!

この一言に尽きます。

また、まんパクの公式キャラクター『ぽぅ』について書いた記事もありますので、よろしければこちらもどうぞ。

まんパクのキャラクター・ぽぅがかわいい!グッズやLINEスタンプも紹介。

このバルーンのキャラクターですね。

この記事が、これからまんパクに行こうかな~と思っている人の参考になれば嬉しいです。

読んで頂いてありがとうございました。

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする