肉フェス 東京【2018】アクセスやチケットの値段は?混雑状況も調べてみた。

毎年恒例、肉を楽しめるフードイベント、肉フェス

この肉フェスが、2018年も開催されることになりました。

肉フェスHP

(出展:www.nikufes.jp/_tags/肉フェスTOKYO2018

肉フェスHPより)

今年は、東京、大阪、広島で同時開催されるそうですが…

東京で行われる肉フェスに行ってみたいなーと思っているので、いろいろ調べてみました。

…という訳で、今回のテーマは、肉フェス TOKYO 2018について

・開催日時はいつ?

・開催場所はどこ?

・アクセス方法は?

・チケットの値段や購入方法は?

・どんなお店が出店するの?

・混雑状況は?

などといったことについて調べてみました。

<スポンサーリンク>



肉フェス 東京【2018】の開催日時、場所、アクセス

【開催日時】

2018年4月27日(金)~5月6日(日)

10:00~21:00

【開催場所】

お台場肉フェス特設会場

お台場青海地区P区画(江東区青海1-1-16)

【アクセス】


りんかい線「東京テレポート駅」から徒歩7分

ゆりかもめ「台場駅」より徒歩5分

ゆりかもめ「船の科学館駅」より徒歩5分

肉フェス 東京【2018】のチケットの値段や購入方法

肉フェス 東京【2018】のチケットに関する情報は、こちらのページに詳細が載っています。

【肉フェス TOKYO 2018】各種チケット・会場内お支払い方法・ファストチケットはこちらをチェック!

肉フェス 東京【2018】は、入場は無料で、飲食代のみ支払う形となっています。

支払い方は3種類。

食券電子マネー現金のどれかを選ぶことが出来ますが、それぞれ注意点があります。

①食券

1枚700円の食券で支払う方法です。

1,400円の料理を食べる場合は2枚出す、などといった形で支払います。

食券の購入方法は、

・当日、会場内の「食券販売所」で買う

・事前に、ローソンチケットか電子チケット(パスマーケット)で買う

のどちらかです。

ローソンチケット

電子チケット(パスマーケット)

全ての店舗で利用出来ますが、払い戻しは出来ません。

【食券で支払う場合のポイント】

・当日に食券を購入する場合、食券販売所と店舗で二度並ぶ必要がある。

・食券の払い戻しは出来ないので、購入しすぎに注意。

・各プレイガイドでの事前購入は、1枚単位では購入出来ないので注意。(ローソンと電子チケットでそれぞれ販売内容も違います)

②電子マネー

iD、クイックペイ、nanaco、楽天Edy、WAON、Suica、PASUMOなどの電子マネーを使用して支払うことが出来ます。

電子マネーで料理代を直接決済する形となります。

ただし、会場では各電子マネーのチャージは出来ません。

(出展:www.nikufes.jp/_ct/17153661

肉フェスHPより)

【電子マネーで支払う場合のポイント】

・食券の購入が不要なので、当日は店舗の列に並ぶだけでOK。

・電子マネーを十分にチャージしておく必要がある。会場の付近の駅やコンビニなどは混雑しているので、それ以前にチャージしておいた方が良い。

・電子マネーのポイントもたまってお得。

③現金

ドリンクブース、スイーツブース、オフィシャルキッチンのみ現金でも支払いが出来ます。

つまり、肉料理を出している店舗などでは現金支払いは出来ません。

並びたくない人は…ファストチケットかiDが便利。特にiDがおすすめ。

当日は混雑が予想されますが、極力混雑を避けたい!並びたくない!という人におすすめの方法は2つ。

①ファストチケット利用する

②電子マネーのiDで支払う

【①ファストチケットを利用する】

ファストチケットを使うと、一般購入レーンの横に設置される「ファストチケット専用レーン」から優先的に購入出来るようになり、あまり並ばずに済みます。

ファストチケットは、ローソンチケット電子チケット(パスマーケット)で購入出来ます。

1枚あたり500円で、料理を買うための食券とは別になります。

つまり、700円の料理を食べるとすると、食券700円+ファストパス500円=1,200円かかる、ということですね。

また、ファストパスも1枚単位での販売はないので、その点も注意が必要です。

【②電子マネーのiDで支払う】

電子マネーのiDで支払う場合も、一般購入レーンには並ばず、ファストレーンを利用することが出来ます。

しかも、ファストチケットのように、追加料金を支払わなくてOK。

以上を踏まえると、より便利なのは電子マネーのiDで支払う方法だと思われます。

お金もかからず、チケットを買う手間もなく、一般購入の列に並ぶよりはスムーズに買える訳ですからね。

肉フェス 東京【2018】に出店するお店は?

肉フェス 東京【2018】には、さまざまな肉料理のお店が出店します。

ステーキ、ハンバーグ、牛タン、肉寿司、餃子などなど…

また、クラフトビールなども多数あります。

(出展:www.nikufes.jp/_tags/肉フェスTOKYO2018

肉フェスHPより)

どれもかなり美味しそう♪

高級肉メニューは1,400円以上~のようですが、リーズナブルな700円メニューも多数あるようです。

こちらにも出店するお店の紹介が載っているので、ご参照下さい。

ついに解禁!2018年GW出店店舗ラインナップ第1弾発表!今年も肉フェスを盛り上げてくれる応援団長決定!

期待高まる出店店舗第2弾発表!注目メニューが勢揃い!

肉フェス 東京【2018】の混雑状況は…?

(出展:www.nikufes.jp/

肉フェスHPより)

肉フェス 東京【2018】は、ゴールデンウィークの開催ということもあって、かなりの混雑が予想されます。

過去には3時間待ち!なんていうこともあったようですが、ここ1、2年はそこまでひどくはなく、平均30~40分待ち、混雑する土日祝日で人気店でも1時間待ち程度が最大のようです。

(あくまで前回以前の話ですが)

混雑を避けるなら狙い目は、

昼のピークを過ぎた時間(15時~17時)

夜のピークを過ぎた時間(20時~21時)

初日の4月27日(金)の午前中(オープンと同時に行く)

最終日・5月6日の夕方以降(GWの最終日でもあるので)

雨の日(肉フェスは雨天決行です)

といったところではないかと思います。

入場料がかかってしまうフードイベントではないですし、会場は他にも遊ぶ場所がいっぱいのお台場ですので、混雑していなさそうな時間にふらっと行ってみる、というのも良いのではないかなと思います。

(食券やファストチケットをあらかじめ買っている場合は別ですが…)

まとめ

以上、肉フェス 東京【2018】についてでした。

GWのお台場ということでかなり混雑しそうですが、美味しそうな肉料理がいっぱいで行ってみたいなーという気持ちになりました。

読んで頂いてありがとうございました。

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする