2019年の流行語大賞にノミネートされる言葉は?予想&意味も解説!

日々の出来事や世相を反映して次々に生まれる流行語

2019年もさまざまな言葉が流行ると思いますが、そんな流行語をまとめてみたいと思います。

これを見れば、年末に流行語大賞にノミネートされる言葉もわかるかも…?

随時更新して行きます。

(最終更新日:2019年10月14日)

では、どうぞ~

<スポンサーリンク>



不適切動画

不適切動画とは…

飲食店の店員などが悪ふざけをしている動画のこと。

悪ふざけをしている当人たちによりSNSにアップされ、拡散され、炎上し、企業が謝罪をする、といった事件が2019年に入ってから相次いで起こり、社会問題化しています。

具体的に2019年に問題となった企業を挙げてみると、

すき家、くら寿司、セブンイレブン、ビッグエコー、バーミヤン、大戸屋など。

数年前にも同じようなことが多発した年がありましたが、2019年になり、また頻発すると同時に、不適切動画という言葉も多用されています。

バイトテロ

上に書いた『不適切動画』と関連する言葉。

飲食店などの職場で悪ふざけをして動画を取る→SNSに投稿→炎上、という一連の流れを『バイトテロ』と呼ぶこともあります。

その多くがアルバイトであること、企業にとってはアルバイトによるテロ行為ともとれることからのネーミングです。

こちらの言葉も2019年によく使われています。

アポ電詐欺

アポ電詐欺とは…

《「アポ」は「アポイントメント」の略》振り込め詐欺の一。身内の者になりすまし、1回目の電話では自身の電話番号が変わったことだけを伝え、やや時間をおいて2回目の電話で金銭を要求するもの。

(引用元:https://kotobank.jp/word/アポ電詐欺-426830 コトバンクより)

新手の振り込め詐欺の手法ですが、2019年前後から増え始め、1回目の電話で資産状況を聞き、その後強盗に入る、などという手口の犯罪も起きています。

新元号・令和

2019年の一大イベントと言えば、天皇陛下が退位すること&元号が変わること ですが、

2019年4月1日に、まずは新元号が発表されました。

新元号は令和です。

この日に発表されることは決まっていましたが、非常に大きな話題となりました。

2019年を代表する出来事ですので、『新元号』や『令和』は流行語候補になるのではないかと思います。

令和おじさん

令和おじさんとは…

新元号を発表した菅官房長官のこと。

平成に改元を発表した当時の小渕官房長官(のちの小渕元総理)も、『平成おじさん』などと呼ばれていましたが…

それ受けての『令和おじさん』です。

このイラストのように、新元号を書いた紙を掲げる姿がなんとも印象的でした。

平成最後の〇〇

平成31年4月30日を持って平成は終わりを迎え、新しい元号・令和に変わりますが…

それを前にして、『平成最後の〇〇』といった表現がよく見られるようになりました。

10連休

平成天皇の生前退位、新元号への改元の影響もあって、2019年のゴールデンウィークはカレンダー通りの休みの場合、10連休となりました。

実際にカレンダー通りに10連休取得出来ている人は全体の3割程度だという話もありますが…

人生設計第一世代

人生設計第一世代とは…

いわゆる『就職氷河期世代』の新しい呼び名。

安倍内閣がそのように呼び名を変更するとともに、3年間で集中的な支援を行うためのプログラムを作ることが検討されていることを発表しました。

『就職氷河期世代』=『人生設計第一世代』は、バブル崩壊後のいわゆる就職氷河期に就職活動をすることを余儀なくされた世代で、現在30代半ば~40代半ばくらいの世代の人たちのこと。

フリーターや派遣社員などとして非正規雇用の元、労働に従事している人や、ニートやひきこもりなどになってしまっている人が数多くいると言われている世代で、その世代に対する支援を強化するとした取り組みです。

ですが、当事者などからは、批判の声も多くあがっています。

パタハラ

パタハラとは…

「パタハラ」とは、パタニティー・ハラスメントの略。パタニティー(Paternity)は英語で“父性”を意味し、男性が育児参加を通じて自らの父性を発揮する権利や機会を、職場の上司や同僚などが侵害する言動におよぶことを、パタニティー・ハラスメントと呼びます。

女性社員の妊娠・出産が業務に支障をきたすとして退職を促すなどの嫌がらせをすることを指すマタハラ(マタニティー・ハラスメント)に対して、パタハラは男性社員が育児休業をとったり、育児支援目的の短時間勤務やフレックス勤務を活用したりすることへの妨害、ハラスメント行為を指します。

(引用元:https://kotobank.jp/word/パタハラ-687129 コトバンクより)

育休を取った男性社員に対し、嫌がらせなどのハラスメント行為を行う、というのがパタハラですが、

2019年になって、実際にパタハラの被害に遭った人が会社を相手取り訴え起こすケースなどもあり、社会問題として大きな注目を集めています。

闇営業

闇営業とは…

お笑い芸人などが所属事務所を通さず営業を行うこと。

(営業=イベントなどに出て金銭を得ること)

この言葉が注目されるようになったのは、

吉本興業の芸人さんたちが、反社会的勢力が主催するパーティーなどのイベントに出て金銭を受け取っていたことが発覚し、相次いで解雇や謹慎処分になる、

ということがあったためでした。

反社会的勢力とのつながりはまずいですが、事務所を通さないで行う闇営業自体は、数多くの芸人さんが行っているというのが現状のようです。

タピる

タピるとは…

タピオカドリンクを飲むこと です。

タピオカは、女子高生など若い人を中心に爆発的な人気となっており、その人気もあって生まれた言葉です。

あおり運転

あおり運転とは…

道路を走行する自動車、自動二輪、自転車に対し、周囲の運転者が何らかの原因や目的で運転中に煽ることによって、道路における交通の危険を生じさせる行為のこと。

(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/あおり運転 Wikipediaより)

2010年代からあおり運転による事故は起きていますが、

今年は常磐自動車道の守谷サービスエリア付近で起きたあおり運転による事件が大きく注目を集めました。

消費税増税

流行語というか、世相を反映してよく使われた言葉ですが、

消費税増税という言葉も、2019年の流行語に入るのではないかと思います。

2019年10月から消費税は8%から10%に引き上げられます。

2019年の中でもかなり大きな出来事の1つであると思います。

軽減税率

上記した消費税増税に関連して。

軽減税率とは…(言葉の意味としては)

特定の品目に関して、他のものよりも税率を下げること

です。

2019年10月から消費税が10%に引き上げられますが、一部、軽減税率が適用され、8%のままとなるものがあります。

具体的には、食品(外食は除く)、定期購読の新聞などがその対象品目となります。

ここには詳しく書きませんが、線引きがなかなか複雑なようです。

ラグビーワールドカップ

ラグビーワールドカップは、2019年9月~10月に、日本で開催されており、自国開催ということもあり、非常に大きな注目を集めています。

日本は2019年10月14日現在、予選リーグを勝ち上がり、ベスト8に進出しています。

大雨特別警報

大雨特別警報とは…

集中豪雨や台風などで数十年に一度の大雨になる恐れが大きい時に、気象庁により出される警報。

2013年8月から運用が開始され、過去には2017年7月の九州北部豪雨、2018年7月の西日本豪雨などの際に出されてことがあるものです。

そして、2019年10月12日に日本を直撃した台風19号の際にも、東海、関東、東北など1都11県に発令されました。

まとめ

以上、2019年の流行語大賞候補にノミネートされそうな言葉についてでした。

2019年は今後も改元や消費税の増税、ラグビーワールドカップなど、さまざまなイベントがありますので、いろいろな流行語が生まれそうな予感がします。

読んで頂いてありがとうございました。

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 夢咲モモ より:

    ☆私の2019年流行語予想☆
    1.ブックオフなのに本ねーじゃん
    2.令和最初の○○
    3.天気の子
    などだと思います。

    • kyotoayazou より:

      夢咲モモさん>
      コメントありがとうございます。
      なるほど~と思いました。
      今後の流行り具合次第ですが、参考にさせて頂きます。